商業施設や工場にある金属製の箱、キュービクルとは?

大きな商業施設や工場、オフィスビルなどの周辺、例えば屋上や駐車場の片隅などで金属製の箱を目にすることがあります。その箱はキュービクルと呼ばれ、ある一定規模より大きな建物には必要不可欠な存在です。キュービクルとは何か、その役割について紹介します。

見た目は金属製の箱。キュービクルとは?

キュービクルの正式名称は「キュービクル式高圧受電設備」です。金属性の箱の内部に、太陽光や風力を含む発電所から変電所を通して送られる電気を降圧するための受電設備が格納されています。変電所から送られる電気は6,600Vもの高電圧ですが、キュービクルにより100Vや200Vまで降圧されます。安全保持のため変圧に使われる機器をキュービック(立方体から転じてひとつの箱体)に格納していることから、キュービクルという名称がつけられました。

キュービクルは、商業施設、店舗、工場やオフィスビルといった、大量の電気が必要となる施設に設置されています。使用電圧が50kW以上の場合には、高圧受電契約となり6,600Vの高電圧を敷地内に引き込むためにキュービクルが必要となります。
以前は電気室や変電室で降圧していましたが、キュービクルの登場により施工費用の削減と縮小化が可能となりました。大型設備が必要とされる、またはキュービクルの設置ができない施設では、今も電気室や変電室で降圧しています。

キュービクル設置のメリット、デメリット

キュービクルを設置することによるメリットとデメリットについて紹介します。

小型で安全、工期が短く、取り扱いが容易

キュービクルは、工場で組み立て後に施設に設置しており、信頼性や安全性が確保されています。コンパクトなサイズで設置の容易さが考慮されており、工事を短期間で行うことができます。大規模設備を設置できない施設にも設置可能で、取り扱いが容易な機器です。メンテナンスにおいては、標準化されたマニュアルがあるので、マニュアルに従い簡単に保守点検が行えます。

保守管理の義務と一定時期での交換

キュービクルの設置にかかる費用は電力消費量、設置場所や環境により異なりますが、一般的には200万円以上が必要です。運用にあたっては電気主任技術者資格をもった監督者を選出(もしくは外部委託)し、保守管理を行う必要があります。法定耐用年数は用途により異なりますが、事務所用の場合は15年とされています。

キュービクルの設置は義務? 設置しなければいけない理由

一般家庭とキュービクル設置が必要な施設とは何が違うのでしょうか。設置が必要な理由を紹介します。

高圧受電契約と低圧受電契約

太陽光や風力も含めすべての発電所から変電所を経て送られてくる電気の電圧は6,600Vであり、送られる電気を私たちが使うためには必ず降圧しなくてはいけません。電気を使うための契約には、高圧受電契約と低圧受電契約の2種類があります。

一般家庭の場合は通常、低圧受電契約を結び、電力会社による降圧後の50kW未満の電力を使うことになります。
一方で、前述の通り50kW以上の電力が必要な施設では、高圧受電契約を結ぶ必要があります。大口顧客となるため電気代の設定は比較的安価となりますが、降圧設備は自分で準備するようになり、キュービクルが必要となるのです。

非常用電源用としても

消防法によると、延べ床面積1,000平方メートル以上かつ不特定多数の出入りがある施設においては、火災時の消火活動や避難行動の円滑な実施のため、非常電源の設置が義務付けられています。消防法による非常電源には非常電源専用受電設備、自家発電設備、蓄電池設備の3種類があります。この一つ目の非常電源専用受電設備にも、キュービクルは使用されています。キュービクル式非常電源専用受電設備として、消防法に基づいて基準が定められています。

聞きなれない名前でも私たちの生活にとって大事な存在

キュービクルは電気関係従事者でない限り、耳にすることはない言葉かもしれません。しかしキュービクルは、電気の使用上重要となる機器です。もしもお気付きの際は、これがキュービクルかと思いだしていただけたらと思います。ただし、中には高圧の電圧が流れていますので、見つけたとしても決して勝手に開けないように。

 

参考:

総合カタログ35
総合カタログ35は、IT業界・製造業で使用される当社製品をすべて網羅し、設計者、開閉装置(スイッチギア)メーカー、データセンター事業者のニーズを満たします。世界中で幅広く使用されている産業用キャビネット・ボックス、分電・配電システム、温度管理システム、ITインフラストラクチャ製品ラインアップの詳細情報を、936ページにわたってご紹介しています。

ct01.png総合カタログ35 ダウンロード

リタール公式Webサイト

関連記事