Dietzhölztal-Ewersbach消防署:電子装置用の安全なキャビネット

建物内の電装部品は極めて重要です。システム全体がスムーズに動作している時のみ、建物は課された要求事項を満たすことができます。緊急時での建物管理システムの円滑な作動が生死を分けるため、消防業務となると特にそれに該当します。


「リタールに期待した通り、新しい分電エンクロージャーシステムは優れた作業性とロバスト設計で統合されています。」と、Licht-Appel社 のオーナー、Reiner Hühne氏は述べています。

Dietzhölztal-Ewersbachでの消防署設備室の新設において、リタールISV分電エンクロージャーシステムが電気インフラとして採用されました。

Giessenに本社を置く企業が受注

ギーセンを拠点とするLicht-Appel GmbH & Co. KG社は新しい建物における電気システムの立案と設置を委託されました。制御室は無線装置と中央ビル自動化システムの両方を収納します。全部品がリタールISV分電エンクロージャーシステムに収納されています。

高い自由度、コスト削減

部品を設置するサポートフレームは、以前のものと比較してはるかに軽量化されました。実際に必要とされるステイのみで構成、材料費を節約しながら必要な自由度を確保しています。このメーカーは扱いにくいプロファイルストラットは使用しないことを決定し、装置や追加機器の設置スペースを確保しました。

関連記事