デザインから見えるドイツ製工業製品が人気の理由

世界中のさまざまな場所で工業製品が製造、使用されています。そのなかでも多くの人気を集めているドイツ製工業製品について、その人気の理由をデザインの観点から考察します。また、世界中で人気を集めるドイツメーカーの一部を紹介します。

ドイツ製工業製品に人気がある理由

ドイツ製工業製品の人気は機能性だけでなくデザイン性にもあります。ドイツでは、技能労働者やエンジニアを育成するためにマイスター制度(高等職業能力資格認定制度)を導入しており、機能性を維持しつつデザイン性においても高品質を維持できるよう取り組んでいます。
機能とデザイン両面の品質の高さが、ドイツ製工業製品に人気がある理由です。

ドイツ製工業製品におけるバウハウスの影響

ドイツ製工業製品におけるデザインの礎(いしずえ)にはバウハウスの教育があります。バウハウスは1919年に、ドイツ中部に存在したワイマール共和国に設立された美術学校です。ナチスにより1933年に閉校されるまでの14年間、総合的な美術教育を行っていました。
バウハウスの教育内容は合理主義、機能主義であり、これは芸術美術の分野だけでなく、工業製品のデザインにも多大な影響を与えています。

人気のあるドイツ製工業製品をつくる有名メーカー

ここでは実際に人気があるドイツの工業製品メーカーの一部を紹介します。

メルセデス・ベンツ

ドイツではBMWやポルシェなど世界的に有名な高級車が製造されていますが、そのひとつであるメルセデス・ベンツも高級感あるモデルが人気を集めています。また、先進技術を積極採用した安全性の高さも魅力です。いまでは一般的となったエアバッグを、初めて一般車両に搭載したのはメルセデス・ベンツでした。ほかにもミラー内蔵型ウインカーの初採用や、テールゲートの自動開閉のような便利な機能の搭載を実施しています。
このように高級車としてのステータスだけでなく、実用性もバランスよく兼ね備えている点が、メルセデス・ベンツの人気につながっています。

モンブラン

万年筆で有名な筆記具の最高級ブランドメーカーです。1980年代にイギリス企業ダンヒルに買収され、1993年にはダンヒルがスイスの会社リシュモングループに買収されたため、企業としては存在していません。買収後は売上げの多くを腕時計や香水が占めていますが、万年筆も製造され続けています。
モンブラン製万年筆の人気の理由はその書き心地にあります。万年筆は一般的に扱いが難しい筆記具ですが、モンブラン製の万年筆は紙に引っかかることもなく、滑らかにペン先を走らせることができるのです。
また、重さや長さ、太さといった要件をシリーズごとに変えているので、自分好みの万年筆を見つけやすい点も人気がある理由です。

ユンハンス

先に説明したバウハウスの、最後の巨匠と称されるマックス・ビル氏がデザインした腕時計「マックス・ビル」を大ヒットさせた腕時計メーカーです。1980年代には世界に先駆け電波時計を発表しました。
流行を取り入れ、常に最先端のデザインに切り替えていることから、時代によってコアデザインが異なります。そのため、ラインナップが豊富で幅広く人気を集めています。豊富なデザイン面に加え、リーズナブルな価格設定であることも人気の理由です

デザイン性に優れたドイツ製工業製品から見える製造業

ドイツ製工業製品が世界で人気を集める理由をデザイン性の観点から紹介しました。世界第4位の経済大国であるドイツには、ほかにも多くの有名な工業製品メーカーがあります。そのため、工業による貿易黒字で経常収支は世界1位、貿易輸出額は世界3位となっています。機能性の高さだけでなく、優れたデザイン性も持つ工業製品の製造が、ドイツの経済大国としての成長を支えているのです。弊社リタールも、少なからずこれに貢献しています。

参考:

リタール公式Webサイト

関連記事