制御盤の擦り傷補修―タッチアップペイントで簡単に

制御盤の塗装剥がれや擦り傷の補修方法をご存じでしょうか。制御盤の塗装剥がれをそのままにしておくと、キャビネットの寿命を縮めてしまいます。制御盤の擦り傷を簡単に補修する方法を紹介します。

制御盤の塗装の種類

制御盤の塗装補修方法を説明する前に、制御盤の塗装にはどのような種類があるのか見てみましょう。

主な塗装の方法

  • 焼付塗装
    高温加熱塗料を吹き付け、乾燥工程において熱を加えることにより、表面の硬度や耐薬品性を持たせる塗装方法です。溶剤を使わないため安全性も高く、さらに高性能・高品質の塗膜が得られるのが特徴です。
  • 粉体塗装
    高分子樹脂や顔料などを原料とする粉末状の塗料を吹き付け、その後焼付処理を行うことにより塗膜を形成します。こちらも溶剤不使用なので安全性が高い塗装方法です。
  • 電着塗装
    導電性のある水性塗料に塗装物を浸し、電圧をかけることによって塗料を析出(せきしゅつ)させ、塗装物の表面に塗膜をつくる方法です。複雑な形状のものでも均一な塗膜形成が可能で、細部の塗り残しがないため、防サビ効果も高いという特徴もあります。

塗料の種類

  • メラミン樹脂塗料
    焼付塗装に最も多く使われている塗料です。耐熱性・耐水性に優れ、高硬度できれいな塗膜をつくることができます。一般的に使われている塗料です。
  • エポキシ樹脂塗料
    耐薬品性が高いことから、医療機器の外装にも使われる塗料です。このことから、医療施設や研究施設の制御盤に使われることがあります。
  • フッ素樹脂塗料
    ほかの塗料に比べ、非常に耐久性がある点が特徴です。また高い耐候性(屋外で使用する際の耐久性)も持ちます。塗料自体は高価で、耐用年数との比較が必要です。
  • ポリウレタン樹脂塗料
    耐候性・耐水性・耐薬品性・耐塩害性・耐油性を持つ塗料です。また、摩耗やたわみにも耐える強い塗膜をつくることができます。塩害環境で使われる制御盤の仕上げ塗料として使われることがあります。
  • ラッカー塗料耐候
    自然乾燥により溶剤が揮発する塗料です。制御盤製作時の初期塗料としては、あまり利用されることはありません。

制御盤の塗装補修方法

それでは制御盤の塗装を補修するには、どのような方法があるでしょうか。実際の現場でありがちな、3つの事例から考えてみましょう。

長年の使用による摩耗

人がよく触れる部分や操作スイッチの周りなど、繰り返しの接触によって塗装が摩耗している部分がある制御盤は、実際の現場でよく見る風景です。主に制御盤の操作パネルに多く見られます。

磨耗部分があっても、日常的に操作している(摩擦が与えられている)間は、錆(さび)はあまり進行しません。しかし、操作頻度が少なくなったときや、夏場の汗ばんだ手で触れたときなど一気に錆が進む可能性があります。

このように錆が進行してしまった制御盤は、パネルのスイッチや計器、パイロットランプなどを外し扉ごと再塗装する方法があります。塗装工場や自動車板金工場でも引き受けてくれる場合もありますので、問い合わせてみるのもいいでしょう。

フォークリフトによる凹み・擦り傷

フォークリフトの車体や、運んでいる荷物でこすってしまい、傷がついている制御盤も見かけます。本来、安全面からあってはならないことですが、十分な広さが確保できない工場では、フォークリフトの通路に制御盤が面していることもあるのです。また、レイアウト変更の際にぶつけてしまったり、ふだんと違う車両を使ったことによって感覚が狂ったりということもあります。

大きく変形してしまった場合は、電気的な安全面からも制御盤キャビネットの交換が必要です。しかし、フォークリフトの塗装が付着しているだけのような場合は、コンパウンドで磨くと落ちる場合があります。

工具による擦り傷・引っかき傷

現場で使用されている制御盤は、工具を携えながら操作することもあれば、日常点検やメンテナンスなどで傷がついていくものもあります。制御盤に傷がついたままでは錆が進行してしまうので、早めの補修塗装が必要です。

細いひっかき傷の場合は、タッチアップペイントで補修するという方法もあります。タッチアップペイントは、傷補修のための塗料で、線上に塗りやすいよう工夫された容器に入っていて、手軽に塗ることができるのが一番の特長です。

タッチアップペイントのメリット・デメリット

制御盤をタッチアップペイントで補修するメリットには、次のようなものがあります。

  • 稼働を止めずに補修作業ができる
  • 手軽に補修作業ができる
  • 補修費用が安い

一方で、タッチアップペイントによる補修作業には、以下のデメリットや課題もあります。

  • 他の塗装方法に比べ寿命が短い
  • 補修跡が目立ちやすく、目立たないように補修するには熟練を要する
  • IECの規格外となってしまうことがある

IECの規格とは、IEC 61439に規定されている「腐食、絶縁、UVなどの要件」についてです。タッチアップペイントは応急補修の意味合いで販売されているものもあるため、要件を満たすことができない恐れがあるのです。

しかし、制御盤メーカー、特にキャビネットから手がけるメーカーであれば、最新の規格に適合した、腐食を防止できるタッチアップペイントが用意されています。

腐食保護用下塗り|リタール

傷補修にタッチアップペイントを用いる際は、規格に適合した製品を使用することで、基準を満たしながら手軽に補修をすることができます。

制御盤を長持ちさせるには

制御盤は、その内部に収められている機器だけでなく、キャビネットの外装塗装も大切にすることで長持ちさせることができます。経年による傷や塗装剥がれは、必ずといっていいほど発生するものです。できるだけ早めに、そして状態に適した補修を施し、制御盤を長持ちさせましょう。

参考:

リタール公式Webサイト

関連記事