Pezag Elektro社 - リタールによる精密な配電計画

スイスのシャフハウゼンで、8,000人以上収容可能なトップクラスのサッカースタジアムが建設中です。多機能・複合型のこのスタジアムは他の大規模なイベントにも適しており、外周部は、店舗やオフィススペースとして使用可能なテナントとなり、屋上の巨大な太陽光発電システムは、発電した電気で必要電力のほとんどをを賄います。
新しいスタジアムのエネルギー配電システムの設計と実装は、スイスPezag Elektro社の専門チームが担当しました。照明やケータリング、入場、給水、火災安全システムまで、スタジアム全体の電力を供給し、コントロールする必要があります。すべてをスムーズに実行するためには、精密な計画が不可欠です。リタールは、強力なパートナーとして、Pezag Elektro社をサポートしています。

「リタールと私たちのチームが手を組み細部まで調整されています。
迅速でプロフェッショナルなサポート、検査済みの最高品質の製品、そして専門的な企業との共同作業は、とても喜ばしいことです」Pezag Elektro社 Roger Ackermann氏が述べます。

保障された柔軟なエンドツーエンドソリューション

スタジアムの分電計画を作るに際し、インフラストラクチャの要件、およびすべての設備を制御することは、この種類のプロジェクトを非常に困難なものにします。Schaffhausen スタジアムの電力は、大きなメインの分電盤から約25のサブの分電盤に供給され、そこから光熱または冷却のために分散され、施設全体のさまざまな設備を運用します。厳格な規制が施行され、認証されたコンポーネントのみが使用できます。 電気設備や空調設備のほか、防災・防犯設備、エレベーター等の機械設備などのビルディングサービスからスタジアムの照明まで、すべての設備を管理するビル・オートメーションの構築も非常に困難なものでした。

Pezag Elektro AGは厳しい要件を満たすために、リタールに支援を要請しました。
システムサプライヤーとして、すべての分電および制御計画ならびに製品選択をサポートし、分電用キャビネットのRi8Power ISV、TS8、EC技術を使用した4つのルーフ型ファン、モジュラー温度管理コンセプト、NH断路器、セクションドア、Maxi-PLSシステムを提供しました。

共同での成功

Pezag Elektro 社は、 Schaffhausen スタジアムのプロジェクトを、リタールのサポートにより、迅速、かつ容易に遂行することができました。
スタジアムの分電は、迅速な製品出荷によって、スケジュール通りに完了、必要不可欠な設計検証を提供することができました。

関連記事