標準化の意義や業務にもたらすメリットとは?

いまや企業にとって標準化は必須ともいえるようになりました。しかしひと口に標準化といっても、企業や部所によってさまざまな取り組み方や基準が存在します。標準化とはどのように定義され、どのような意義を持つのかを見ながら、標準化によってもたらされるメリットを考えてみましょう。

標準化の定義

日本工業規格(JIS)では、標準化を次のように定義しています。

「実在の問題又は起こる可能性がある問題に関して、与えられた状況において最適な秩序を得ることを目的として、共通に、かつ、繰り返して使用するための記述事項を確立する活動。」

また次の3点についても注記されています。

  注記1 この活動は、特に規格を作成し、発行し、実施する過程からなる。

  注記2 標準化がもたらす重要な利益は、製品、プロセス及びサービスが意図した目的に適するように改善されること、貿易上の障害が取り払われること、及び技術協力が促進されることである。

  注記3 旧 JIS Z 8101:1981 の品質管理用語では、“標準化”を“標準を設定し、これを活用する組織的行為”としている。この意図するところは、注記 1 と同一である。

(引用元:JIS Z 8002「標準化及び関連活動−一般的な用語」1.1 標準化)

標準化の意義

日本規格協会は経済産業省による「基準認証研究開発事業(標準化に関する研修・教育プログラムの開発)」において、標準化の意義についての資料をまとめています。これによると、標準化を進める意義は次のようなものだとされています。

  • 製品の互換性・インターフェースの整合性を確保
    身近なものとしてボルト・ナットやUSBケーブルのように、国際的に互換性・整合性をもつ。
  • 生産効率の向上
    規格で標準化された部品は比較的安価かつ大量生産が可能であることから、量産化と単純化からコスト削減につながる。
  • 製品の適切な品質を確保
    品質マネジメントシステム規格(ISO9001)や強制法規の技術基準を満たすよう意識することにより、品質確保へとつながる。
  • 正確な情報の伝達・相互理解の促進
    用語や記号、計量単位、設計法、試験評価方法、生産方式などを標準化することにより、関連することがらの無秩序化、複雑化に歯止めをかけ相互理解を可能にする。

従来は上記の4つが標準化の果たす機能であり、標準化を進める意義でもありました。しかし近年では、次の5つの意義も加えられ、ビジネスツールとしての標準化という側面も持つようになっています。

  • 研究開発による技術の普及
  • 安全・安心の確保
  • 環境保護
  • 企業の産業競争力の強化,競争環境の整備
  • 貿易の促進

このように、標準化の意義や機能が拡大しているなか、常に消費者ニーズや市場動向をとらえ活用していく必要があるとしています。

標準化によるメリット

標準化によって得られるメリットは、その産業分野や部門によってさまざまです。ここでは、モノづくりやサービスの提供における一般的な標準化のメリットを、2つの観点から考えます。

内部要素による直接的効

標準化による社内への直接的効果としては、次のようなものがあります。

  • 技術の蓄積
    習得した技術を、個人ではなく企業全体の財産として蓄積できる。
  • 技術力の向上
    蓄積した技術をもとに企業全体で研究開発を進めることで、技術力が高まる。
  • 品質の向上
    作業方法や品質基準の規定により、安定した品質で製造・生産が可能になる。
  • 業務の非属人化
    専門の人員がいなくても作業が可能となり、経営資源を有効活用できる。

外部要素による間接的効果

一方、外部要素からの間接的効果としては次のようなものがあります。

  • 相互接続性の実現
    多様な製品が相互につながることにより技術展開の幅が広がり、さらには協業や相互支援の機会獲得の可能性へもつながる。
  • 技術力のPR
    時代遅れの技術ではなく、最新の標準化された技術を使って製造している証明になる。また、継続的な管理活動を行っている社会責任性の証明にもなる。

海外取引への対応
国際標準に従った仕様で製造することにより市場参入の障壁が取りのぞかれ、多国間貿易が可能となる。

多くのメリットをもたらす標準化

標準化の定義と意義、メリットについて解説しました。標準化によって多くの直接的、間接的なメリットが得られます。また、一度標準化したら終わりではなく、改訂・改善をほどこしながら維持していくことが重要です。いま一度、標準化の意義を見つめなおし、効果的に標準化が進んでいるか、標準化すべき製品や業務とは何か、標準化の基準が適切であるかを考えることも必要かもしれません。

参考:

関連記事