生産管理の3要素―QCD向上のポイントとは

生産管理に欠かせないものとして、QCDという言葉があります。生産管理の3要素を指し、生産管理の目的そのものといわれることもあります。各3要素の意味と関係、またQCDを向上させるためにどのような改善が必要となるかについて解説します。

生産管理の3要素「Quality」「Cost」「Delivery」

生産管理の3要素といわれる、QCDの意味とそれぞれの関係性を見てみましょう。

QCDとは

QCDは、次のような3つの意味を示す言葉の頭文字で構成されています。

  • Q:「Quality」=品質
  • C:「Cost」=コスト
  • D:「Delivery」=納期

QCDとは「品質」「コスト」「納期」の3要素を表す言葉なのです。

QCDの優先順位

3要素の順番はなぜQCDであって、CQDやDCQではないのでしょうか。実は、これにはしっかり意味があります。3要素において重視すべき優先順位を表しているのです。

すなわち、生産管理の3要素の優先順位はこうなります。

Q(品質)>C(コスト)>D(納期)

品質第一、クオリティファーストという言葉があるように、品質が最優先されます。たとえばどんなに価格が安く、即納品が可能でも、品質が一定以上ではない場合、その製品はまったく価値のないものになります。さらに、もし納品後に品質に関する問題が見つかった場合、修理や再生産、差し替えのための回収・発送と、結果的にコストや納期の面でも損失が出てしまいます。また品質は、企業にとって重要な信用問題にも直結するため、3要素中でQは最も重要とされているのです。

しかし、Qのみを重視すればいいわけではなく、全体のバランスが大切になります。3要素の相関関係を見てみましょう。

QCDの相関関係

QCDの各3要素はそれぞれ密接に関連しており、たがいに影響しあいます。

  • Q(品質)を優先した場合、C(コスト)とD(納期)について不利に
    品質のみを重視して、良質な材料を使い、多くの手間ひまをかけたとします。すると、ますますコストがかさみ、リードタイムも長くなってしまいます。
  • C(コスト)を優先した場合、Q(品質)とD(納期)について不利に
    コストのみを重視して材料費・人件費を削るとどうなるでしょうか。粗悪な材料を使った結果、品質低下を招き、人員不足によってリードタイムも長くなります。
  • D(納期)を優先した場合、Q(品質)とC(コスト)について不利に
    納期のみを重視し、稼働ラインを増やし、各ラインでの工程もサイクルを上げたとします。その結果、機械と人の稼働によりコストがかさみ、短サイクルによる品質低下という問題が出てきます。

このようにQCDはそれぞれ相関関係があり、どれかひとつだけを考えればいいというわけではありません。3要素の間で要件を満たすバランスをとることこそ、生産管理そのものであるともいえます。

QCDの向上はプロセスの改善から

たがいに関係しあうQCDを、最善のバランスで保ち続けるのは簡単ではありません。さらにバランスを維持しつつ全体を向上させるには、基本から見直す必要があります。

製造業においては、次のような改善が求められます。

  • 管理基準となる目標と進捗の見える化
  • 作業の標準化
  • 不良発生要因の特定
  • 設備や治具・道具の見直し
  • 資材・部品の見直し
  • 段取り作業の効率化
  • 工程設計の再検討
  • 作業の自動化

これらの要件は、それぞれQCDのいずれか、または複数に関わりがあります。見直しをすすめることで、総合的な改善につながり、結果としてQCD向上が実現します。何も施策することなくQCD全体が向上することはありえません。生産におけるプロセスを源流から改善していくことが必要なのです。

QCDのバランスを見きわめ収益につなげる

生産管理の3要素、QCDの意味とその相関関係、QCD全体を向上させるための改善方法をご紹介しました。QCDの向上は収益増加に直結します。品質、コスト、納期、これら3つのバランスを見きわめ、より効率的な生産管理と収益増加を目指しましょう。

参考:

リタール公式Webサイト

関連記事