Schäftlmaier社:プランニングツールでプラントエンジニアリングのスピードアップ

2011年、ドイツ最大の天然ガス貯蔵施設の一つが、天然ガスを高圧で深岩石層に押し込む新しいコンプレッサーで増強されました。このプロジェクトを推進する電気エンジニアリング企業が、新工場の低電圧主分電盤にリタールRi4Powerシステムを採用しました。

「我々が短期間でプロジェクトを遂行できたのは、分電盤の立案におけるリタールの卓越したサポート力のおかげです。」と、Schäftlmaier Elektro-Anlagen社プロジェクトマネージャーのChristian Schäftlmaier氏は感謝を述べています。

モジュラー方式とパワーエンジニアリングソフトウェアを使用し、短期間で要求設計通りの低電圧主分電盤が設置されました。

厳しい納期

新しい機械装置に動力を供給するため、施設には、変圧器から給電される新しい低電圧主分電盤(LVDB)が必要でした。LVDBの立案と設置は南ドイツの
アシャウ・アム・インを拠点とするSchäftlmaier Elektro-Anlagen社が受注しました。「この工場プロジェクトにおける最大の課題は、非常に短い納期でした。」と、プロジェクトを実行したChristian Schäftlmaier氏は述べます。

パワーエンジニアリングによるプランニング

プロジェクトではRittalパワーエンジニアリングソフトウェアが使用されました。
このソフトウェアは必須リタール製品を選定、部品リストを作成し、低電圧主分電盤の大部分を自動で実装できます。
また、データベースにはRi4Powerシステムのアクセサリー全製品が含まれており、簡単に選択し部品リストに追加することができます。これが時間の短縮につながり、Schäftlmaier社はタイトなスケジュールを守ることができました。

十分なケーブル用スペース

定格電流2,500 Aを達成するため、分電盤にはフラット-PLSタイプのバスバーが各2本の10 mm x 80 mmレール付きで使用されています。電力供給のみ、簡単接続のMaxi-PLSレールを使用して実行されます。これらの四角レールは断面積60 mm x 60 mmでTスロットが四面すべてに付いており、電力供給の際に数本のケーブルを接続する必要がある場合も設置作業が非常に簡単です。

関連記事