Ripploh社:迅速なスイッチギア組立

パネル製作やスイッチギア設計では、効率が最優先事項です。エンジニアリングからエンクロージャー(キャビネット)の生産、機械加工、設置に至るまで、バリューチェーン全体で活用される可能性を秘めています。

「当社の従業員は、あれこれと無駄な検討をする必要がなくなりました。エラー要因が完全に排除されるのです。」Ripploh Elektrotechnik GmbH社マネージングパートナー、Andreas Ripploh氏は述べています。

ユーザーは自動化プロセスで生産工程を電子化、および文書を作成できるエンジニアリングソリューションを必要としています。必要とされるエンクロージャー(キャビネット)は、統一されたしたシステムプラットフォームに基づいてさまざまな用途に適合し、潜在的なエラー源を減らし設置時間を短縮します。Ripploh Elektrotechnik GmbH社はオストベヴェルンを拠点に、このようなソリューションを開拓してきました。

コンフィグレーターによる迅速なプランニング

プロジェクトプランニングの重要な要素として、プラント建設業者は、Eplanエンジニアリングセンター(EEC)に蓄積されている仮想モジュール部品キットを使用します。「当社はもうお客様に見積書を発行することはありません。コンフィグレーターを使用して固定価格の部品を選択していただけるからです。」と、Ripploh Elektrotechnik GmbH社マネージングパートナーAndreas Ripploh氏は述べています。

統一したエンクロージャー(キャビネット)プラットフォーム

Ripploh社にとって、適切なエンクロージャーシステムを選択し、最大の生産効率を達成させることも重要です。スイッチギアのプロジェクトを(全産業部門で要求事項が異なる)、一つのエンクロージャーシステムプラットフォームを使って実施可能です。
Ripploh社はリタールのハウジングおよびエンクロージャーシステムを1995年から使用しており、エンクロージャー(キャビネット)の優れた実装性能によって生産効率の向上を実現しました。統一されたTS 8システムプラットフォームとアクセサリーを使って、さまざまなサイズのエンクロージャー(キャビネット)を迅速且つ簡単に拡張が可能です。必要に応じて異なる種類のエンクロージャー(キャビネット)を選択することもできます。

エラーの大きな要因を排除

新SE 8エンクロージャーシステムを既存のTS 8プラットフォームに「ドッキング」、従来の連結型システムと同じ実装オプションを提供できます。「新SE 8エンクロージャーは当社にとって非常に有益です。 スタンドアロンアプリケーションにTS 8連結型エンクロージャーと同じアクセサリーを使用できるのです。」と、Andreas Ripploh氏は述べます。「当社の従業員はあれこれと検討する要がなくなりました。注文から組み立て業務のトラブル、納期の遅れに至るまで、完全にエラー要因が排除されるのです。」

製品ページ